シミにはフォトフェイシャル!

プールでの女性たちの後ろ姿
沖縄は、紫外線量が非常に多い地域です。
そのため男女ともに、年齢とともに顔にシミが出来やすい傾向にあります。
日頃からいくら紫外線対策をしたとしても、学生のころから蓄積されたメラニンを一気に改善することはセルフケアでは限界があります。
シミが出来る前の対策はもちろん、出来てしまったシミにはフォトフェイシャル(BBL)がオススメです。

シミの原因

シミがある女性のイラスト
肌は紫外線から身を守るため、メラニンを生成します。
通常であれば、肌のターンオーバーとともにメラニンは外へ排出され、キレイな肌へ生まれ変わります。しかしターンオーバーが、加齢やなんらかの原因で正常に機能せず、メラニンの蓄積とターンオーバーの周期が合わなくなると、処理できなかったメラニンがシミとして表面に出てきてしまうのです。
フォトフェイシャル(BBL)は、そんなシミのメラニンに反応し撃退してくれます!

個人差はありますが、濃いシミや出来たばかりのシミは、表皮に近いため、1回~2回の施術で落ちることが多いです。施術後すぐに反応し、おおよそ2~3日後に一番ハッキリと反応し濃くなります。約1週間かけて落ちるため、効果を実感しやすいでしょう。
薄いシミや、シミ対策で月に一度の継続的なケアをするとより効果的です。

肝班の注意点

肝班がある女性
同じシミに分類しがちですが、メラニンの蓄積が影響するシミと違い、肝班は30代~40代の若い世代に起りやすいといわれています。
女性ホルモンが原因と考えられていますが、はっきりとした原因は分かっていません。
閉経する50代ごろになると、出来ていた肝班がなくなったり、出来にくくなるのも特徴です。
女性ホルモンの影響が大きいとされる肝班には、どのフォトフェイシャルも効果が聞きづらいことが現状です。そのため肝班の治療を目的としたフォトフェイシャルの利用はオススメできません。